芸術点0点父と0才娘の佐賀県立美術館「超写実展」鑑賞

芸術点0点パパですが、ふと思い出しました! 中学時代に、美術で99点をもらったのです!

それは、東洲斎写楽の役者絵の模写でした。 それで翌年も浮世絵の喜多川歌麿「ビードロを吹く女」を描き、98点でした!

風景画や抽象画などのぼんやりした絵が苦手で、カチッとした絵の方が描きやすい。 かといって、あまりにリアルな絵も描けるわけがないということで、浮世絵はピッタリで、好きでした。

ところで、現代の超写実画の超リアルなこと!!

しかし、ここまでくると、写真との闘いになり、絵としては、浮世絵の方がいいなあと思った重吉でした・・

*当ブログは、2019年7月にスタートした「重吉パパ48才からの幸せ子育てブログ」を転載、リスタートしたものですので、日付や娘の月齢が現在のものと異なりますが、ご了承ください。

*今回は、「重吉パパ48才からの幸せ子育てブログ」(2019.10.15)の記事です!

佐賀県立美術館「超写実展」

先週、重吉親子は、佐賀県立美術館で、「超写実展」を見てきました!happy01

サガテレビ開局50周年記念 超写実展 リアルを越えた絵画
(佐賀県立美術館HPリンク)

「写真じゃないの?surpriseと、超ビックリするような絵が展示されているテレビCMを見て、芸術点0の男は、行ってみたいと思ったのでした!happy02

*前回は、久留米の美術館へ行きました!happy01

芸術点0点父と0才娘の美術鑑賞

*テレビCMで見た絵は、入り口のところにあって、写真を撮ることができました!happy01

*他にも写真を撮ってもよい作品がいくつかありました!camera

*この絵に描かれている木は、佐賀市の三瀬にある「下大瀬の桂」だそうです!surprise

*ちなみに、佐賀市の観光協会のHPには、「下合瀬の大カツラ」として紹介してあります。

下合瀬の大カツラ
(佐賀市観光協会HPリンク)

どれも写真のように繊細でしたが、何枚かあった人の顔のアップの絵が、特に超繊細で、本物の写真のようでした!eye

また、人物像が多かったのですが、裸婦像も結構あって、

「これは見なくていいから!angry

「これも見ないで!!gawk

と、妻に言われるほど、繊細で美しく、「おお~!coldsweats02と、つい見入ってしまいました!happy02

ちょうど、小学生の集団も見学に来ていましたが、ちょっと前かがみになってる男子がいたような、いなかったような・・confident

*応援のクリックをよろしくお願いいたします!! m(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

幼児教育ランキング