生後9ヶ月でニコちゃんをベビークモンに通わせた理由

先日、娘を月一回通わせているベビークモンに行ってきました!(^_^)

Baby Kumon (HPリンク)

教室で勉強するわけではなく、パパと遊び回っているニコちゃんの様子は、インスタでご覧ください!(^o^;)↓↓

(この時間は、平日の午前中で、私たち親子と先生だけで、他の生徒さんはいらっしゃいません)

 

この投稿をInstagramで見る

 

重吉(@jyukichipapa)がシェアした投稿

インスタに、ニコちゃんが土足で本棚に足をかけている動画がありますが、後で、アルコール除菌シートで、本棚と本をふきました。
不快に思われた方もいらしゃると思います。 申し訳ございませんでした。

ニコちゃんをベビークモンに通わせた理由は・・?

ところで、ベビークモンには、ニコちゃんが生後9ヶ月ぐらいの一昨年の9月に入会しました。

塾講師である私は、計算ミスの多い生徒を今まで何人も見てきました。 そういう生徒たちは、小学生の頃だけでなく、中学生、高校生になっても、計算ミスが治らず、数学で苦労することが非常に多く、高校受験、大学受験にまで影響を及ぼします・・

そんな生徒がいる一方で、計算が速く、正確な生徒も少なからずいます。 もちろん、算数、数学が得意な生徒ですが、そんな生徒の多くが、以前公文式に通っていたとか、現在進行形で通っているという話をよく耳にしました。

そこで、結婚する前から、子どもができたら、小さいうちは公文式に通わせようと思うようになったのです。

さらに、灘→東大理Ⅲに三人の息子さんを合格させ、娘さんも東大理Ⅲに合格させ、受験生の親御さんや受験業界の方々でしたら、多くの方がご存知の佐藤ママさんが、公文式を勧められていたからです。

公文式をすすめるワケ

公文式のいいところは、年齢や学年に関係なく自分のペースで進めることです。「できたら次に進む」というのは、達成感があるのでやる気が出ます。

わが家の子どもは、小学3年生の2月に中学受験塾・浜学園に入るときに公文式をやめましたが、算数が難しい灘中(灘中学校)、数学が難しい東大の入試に合格できたのは、幼い頃から公文式で計算力を鍛えたからだと思います。

しっかりと基礎学力をつけさせたいと思うのであれば、最初はお母さんが子どもの代わりにやってもいいので、早めに公文式を始めるといいでしょう。

この2点が理由で、子どもが生まれたら、公文式に通わせようと思っていたところ、公文式の赤ちゃんバージョンであるベビークモンをネットで知り、一昨年の9月に入会したのでした。

毎月一回教室に行って、主に妻が先生と育児や教育について話をするのですが、その際、毎月書いていく連絡帳をもとに話していきます。

何ができたとか、どうして泣いたのか、喜んだのか、怒ったのかとか、こういう時はどうしたらいいのでしょうか?など、先生が結構事細かに聞いて、お答えしてくださるので、妻もいろいろ育児に対する悩みなどを話したり、解決できたりして、心強く感じているようです(^_^)

一方、娘は、教室で、先生の話をじっと聞いていることなど、まだできませんので、私と一緒に広い教室で追いかけっこをしたりして遊んでいます(^o^;) (この時間は、平日の午前中で、私たち親子と先生だけで、他の生徒さんはいらっしゃいません)

しかし、娘にとってのお楽しみは、毎月一冊もらえる絵本です(●^o^●)

この絵本は、毎月、作家さんが違い、絵や文章表現も違うのですが、必ずといっていいほど、娘は気に入って、一日何回も読んでとせがむのです!

くもんの先生いわく、絵や色づかい、文章の言葉づかいもかなり研究されていて、赤ちゃんが好むような絵本が作られているそうです! すごい!!\(◎o◎)/

そんなわけで、テレビCMでイメージするような、小学生がプリントをどんどん解いて、2年も3年も先取学習するという感じでは全然ないのですが、妻も娘も楽しそうですし、あと半年か1年ぐらいベビークモンを続けてから、通常の公文式に変更しようかなと考えていますので、その時はまた当ブログやインスタでご報告したいと思います!( ^_^)/

*応援のクリックをよろしくお願いいたします!! m(_ _)m

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


幼児教育ランキング